MENU

血液をサラサラにするサプリはDHA/EPA配合がおすすめです☆

血液をサラサラにするサプリのおすすめはDHA/EPA配合です!!

 

職場での健康診断で、血液検査の結果で「要観察」「要再検査」なんて出るとちょっとドキッとしますよね。

『自分には何も悪いところはないはず・・・』
『そんな自覚症状もとくにはないし・・・』
かといって現実の数値や用紙には「H」「L」の高い低いの英数字があると
『いや、これは最近お酒を飲み過ぎたから・・・』
『これは最近外食が多かったから・・・』
と言い訳して何もなかったことにしたい気持ちになるもののやはり気になりますよね。

 

  • 自分で出来ることがあるならば自分で治したい
  • わざわざ医者にかかるのもそんな時間がなかなかない
  • 日曜日に休日診療に行くほど異変を感じているワケでもない
  • 有給とってまで診察に行くのもな〜…
  • この時期は忙しくて迷惑がかかるからいけない

 

などと考えると、やはり自分でなんとかするしかなくなってしまいます。

 

そこで気になる血液のドロドロを解消すべく、血液サラサラになるサプリメントをまとめています。
口コミで評判の良いランキングを参考に、ご自身にあったサプリメントで心配を減らしましょう!

 

 

血液サラサラのためのサプリ【おすすめランキング】

 

さくらの森のきなりを通販購入する

きなり (さくらの森)の特徴

外食が多く魚をなかなか摂る機会のない人でも、魚に含まれるDHA・EPAを豊富に摂ることができナットウキナーゼで血液もサラサラに!
体が楽になるような実感と、疲れた体をリフレッシュしてくれるようなサプリはなかなかありません。
悪玉コレステロールが多く中性脂肪の数値がひっかかった人にもおすすめ。
親戚や家族に血管の疾患があった人なども、予防のために今から血液をサラサラにして不安要素をなくしましょう。
血管のつまりを改善するためにも摂りたいDHA・EPAだからこそ、きなりでまずは始めてみませんか。
元気に健康に、そして心配をなくして生活するためには食生活ももちろんですが、それだけでは補えない部分にはサプリメントで健康を目指しましょう。

価格 定期コース初回1980円
評価 評価5
備考 15日間の返金保証付き☆ 継続購入の縛りなし☆
 

DHA&EPAオメガプラスを通販購入

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

DHA・EPAだけでなく、亜麻仁油も配合してあります。
亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており脳神経や視神経の正常な働きに対して有効的なので、成長期のお子さんの偏食に悩む人にもおすすめできます。
好き嫌いがあって魚が嫌い。
不規則な生活で食事も外食が多い。
授乳をしているので赤ちゃんに良い成分を母乳を通して与えてあげたい。
そんな悩みや心配もこのサプリメントで解決してくれます。
足りない成分を補い、スッキリしたからだと頭で毎日を楽しく元気に過ごすために始めてみましょう。
定期購入で10〜20%オフで、購入特典もあるのでお得!
家族全員、子供から大人まで飲んでそれぞれの健康と成長をサポートしてくれる心強いサプリメントです。

価格 定期コース初回 1666円
評価 評価4
備考 亜麻仁油とオリーブオイルのパワーもプラスしたDHA・EPAサプリ☆
 

大正DHA・EPAの通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

酸化に弱いDHA・EPAの本来の力を発揮するために、一回分の摂取目安量ごとにアルミの小分けの袋で個別包装してあるのでどこにでも持ち運べ、酸化してしまう心配をなくし、DHA・EPAの効き目をより感じてもらうことを体感してもらうため大正製薬のこだわりの「溶けやすいソフトカプセル」で日本薬局方で定められている崩壊試験法にて約3分で崩壊するということが特徴的です。
しかし胃の中で溶けて崩壊しても魚臭くないので臭いが気になってはじめられなかった人にもオススメできますし、普段の食生活が肉食で魚が足りない人にも飲んでほしいサプリメントです。
定期コースの初回価格は75%オフで始められ、その後も通常価格より10%以上もお得なことから価格の面でも優しく、長く続けるのにも負担が少なく始められるサプリメントです。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価4
備考 1日600mgものDHA・EPA配合!大正製薬の品質保証!
 

美健知箋を通販購入

美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

他社に比べてみてもDHA・EPAの含有量は豊富で、質も良いものを目指しているので安心できます。
DHA・EPAは酸化しやすいのですが、酸化を防ぐビタミンEと、特許取得をしているシームレスカプセルお腹の中で溶けるスピードは2倍、喉の通りも良く、カプセルが苦手な人にも是非試して欲しいサプリメントです。
スティック包装なので会社にも出先にも持って行けるので、飲み忘れも少なく毎日続けるストレスが少ないサプリメントです。
忙しい毎日で疲れ切っている体にも勿論、忘れっぽくなってきた人にも、妊娠中や子育て中の体にも優しく体も頭もスッキリとさせてくれるので毎日が明るくなるのを感じられそうです。
初回特別価格もあるので、まずは体のために始めてみるといいですね。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価3
備考 継続購入の縛りなしで始めやすい☆ 製薬会社のサプリ☆
 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットを通販購入

ナットウキナーゼEPA&DHAセット(小林製薬)の特徴

ナットウキナーゼの溶かす力を2倍にしたサプリメントは、まさに血液サラサラを実現してくれます。
納豆に含まれる血液凝固のビタミンK2も特許技術で除去し、納豆の気になる臭いも独自の製法で除去しています。
他にも血液サラサラのためのケルセチンを多く含むたまねぎ。
たまねぎといっても、北海道栗山町のみで栽培される「さらさらレッドR」を使用していて、普通のたまねぎの1・5〜3倍ものケルセチンを含んでいるものです。
この成分は小林製薬が粒のサプリメントの素材として初めて使っているのもポイントです。
DHA・EPAも含み、更に血液サラサラへ!
血液検査の結果が気になる人にも勿論、毎日の健康のためにも始めて快適な日々を過ごしましょう。

価格 初回1袋 1134円
評価 評価3
備考 1袋購入だから始めやすい☆ 製薬会社による高い品質サプリ☆

 

 

血液サラサラに対するDHA・EPAの効能

 

日本人の死因上位となっている心筋梗塞や脳梗塞は、血液がドロドロになることで引き起こされますが、近年はDHA・EPAが血液サラサラ効能があることが分かってきました。

 

DHA・EPA青魚に豊富に含まれている油ですが、油と言っても体に良いのです。
また食生活から全てを補うことは難しいので、サプリメントとしても人気となっています。

 

では、このDHA・EPAはどのようにして血液サラサラ効能をもたらすのでしょうか見ていきましょう。

 

コレステロールや中性脂肪は、もちろん体に必要不可欠な成分ですが、それが溜まり過ぎてしまうと血管内で塊を作ってしまい、それが動脈硬化や狭心症・脳梗塞・心筋梗塞といった病気を誘発してしまいます。

 

DHA・EPAには余分なコレステロールや中性脂肪を取り除く効果があり、悪玉コレステロールを取り除く働きがあります。

また善玉コレステロールを増加させる効能もありますので、血液内のコレステロールのバランスを整えてくれて、動脈硬化の予防・改善を促します。

 

 

 

心筋梗塞や脳梗塞は高血圧も有害因子として挙げられています。

 

その理由は、血管の中を血液が流れる際に血液がドロドロの状態だと、血管に負担がかかり、その結果、高血圧となってしまうからです。

 

それをDHA・EPAによって血液サラサラにすることで、血管にかかる圧を弱くして高血圧の改善を促していきます。

 

血管がしなやかになることで、高血圧、動脈硬化、それらに伴って誘発される心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの命にかかわる病気の予防に繋がっていきます。

 

このDHA・EPAはオメガ3脂肪酸に分類されますが、これは冷たい水の中で生活をしている魚の体内に存在している油ですので、低温でも固まることがありません。

 

また細胞膜を作るのに必要な成分なのですが、体内で作ることができない成分でもあります。
ですので、サプリメントなどを活用して、積極的に摂取する必要がある成分となっています。

 

 

血液をサラサラにするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

ポリフェノールと血液サラサラの関係

 

健康志向の現代において、血液サラサラ効果を持つ成分として、たいへん有名なものの一つがポリフェノールでしょう。

 

そのため、非常に多くの人が血液をサラサラにするためにと、赤ワインを飲んだり野菜を食べたりして注意を払っておられます。

 

では、植物の種子や樹皮などに含まれるポリフェノールに血液サラサラ効果があると言えるのはいったいなぜでしょうか。

 

その両者の関係について取り上げてみましょう。

 

一般に、私たちの血液の中にはコレステロールが含まれています。
しかし、それが酸化してしまうと血液はドロドロの状態になってしまいます。

 

この酸化を防ぐのがポリフェノールなのです。

 

なぜなら、ポリフェノールには非常に優れた抗酸化作用があるからです。
その抗酸化作用によって、血液中に過酸化脂質ができるのを抑える効果があることで知られています。

 

ここで言う過酸化脂質とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化してしまったものです。

 

 

 

仮に、血液が酸化し、ドロドロになっているのにそれを放置しておくとどうなるでしょうか。

 

動脈硬化を引き起こすリスクが増え、生活習慣病になりやすくなります。

 

そのため、日ごろからポリフェノールの摂取に心がけることによって、血液サラサラ効果を期待することができます。

 

ポリフェノールには非常に多くの種類があると言われています。
ある報告が示すところによると、その種類は何千種類にも上ると言われています。
そして、それらの種類にも高い抗酸化作用があるのが特徴となっています。

 

こうした作用のおかげで、血液の凝固を防ぐことができるとともに、血液の流れを良くする血液サラサラ効果を実感することができるでしょう。

 

このように、血液サラサラ効果を持つポリフェノールは、さまざまな食品の中に含まれています。

 

先述した赤ワインを始め、チョコレートやカカオ豆、マンゴー、ブルーベリー、また納豆などです。

 

これらの食品を積極的に取り入れることによって、ポリフェノールの持つ血液サラサラ効果を実感してみましょう。

 

DHAと血液サラサラの関係

 

青魚に多く含まれる成分の一つであるDHAは、血液がサラサラになる効果が期待できると言われています。
とはいっても、青魚のすべてに多く含まれているわけではなく、サバサンマイワシに豊富に含まれている成分です。

 

DHA脂肪酸の一種です。
それを摂取する事によって、血管内の赤血球や血管壁に柔軟性が与えられます。

 

血液がドロドロしていたり血管壁が固かったりすると、どうしても赤血球が引っかかりやすくなり、流れが滞ってしまいがちです。

 

特にその傾向はある程度細い血管では顕著で、流れが悪くなってしまう事によって必要な栄養素や酸素を体の各部分に送る事が出来なくなってしまいます。

 

ですが、DHAを摂取する事によって赤血球や血管壁に柔軟性が与えられると、赤血球が引っかかりにくい環境を作る事が出来ます。

 

そのため毛細血管の中でもスムーズに血液を流す事が出来るようになる為、結果的に体の各部分にも栄養素や酸素を送り届ける事が出来るようになります。
そのため、青魚を食べる事は血液サラサラ効果が期待できる、と言われます。

 

 

 

通常、油脂と言うのは固体の物もあれば液体の物もあります。

 

DHAはオメガ3系の脂肪酸の一つで、この大きな特徴は融点が低いという事です。

ただ融点が低いという事は、高温で調理してしまう調理ではその脂肪酸が溶けだしてしまう事に繋がります。

 

つまり、青魚を食べていたとしても実際に摂取出来ているDHAの量はそれ程多くないという事もあり得ます。

 

そのため、青魚を食べる時も焼いたり煮たりと言った加熱調理をするよりも、刺身として食べる方がより体内にDHAを効率的に摂取する事が出来るようになります。

 

生魚を食べる事が出来ない、苦手だという場合は加熱調理をする事もできますが、その場合は溶けだしたDHAも一緒に摂取できるような方法を得びます。


だから例えばグリルで塩焼きをするよりも、ホイル焼きにする方がより血液サラサラ効果が期待しやすい調理法と言う事になります。

 

 

血液サラサラになるサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

血液をサラサラにする薬の種類と効果と副作用

 

血栓症を患っている人は血液の流れをサラサラにする薬を服用していますが、その種類は2種類に分けられます。
抗血小板薬抗凝固薬です。

 

まず、動脈での血栓症の発生には血小板が、静脈などで血液が滞るために起こる血栓症では凝固因子の働きが重要だとされています。

 

血栓は血小板と凝固因子が複雑に反応してできています。

 

その為、医師は患者の血栓症の背景を考えてこの2種類を使い分け、場合によっては併用して処方します。

 

抗血小板薬にはアスピリンなどが挙げられます。
狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの症状の人に処方されます。

 

解熱鎮痛剤ですが、血液を固まりにくくする抗凝血作用ももち合わせており、用量によっては動脈硬化の進行を防ぐ目的で使用されます。
血小板の働きをおさえ、血液が固まるのを防ぐ作用があります。

 

抗凝固薬にはワルファリンなどが挙げられます。
心房細動、深部静脈血栓症、肺梗塞などの症状の人に処方されます。
血液を固まりにくくする作用が強力なのが特徴です。
ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくし、血栓ができるのを防いでくれる作用があります。

 

これらには、共通した副作用があります。
それは、どちらも血液を固まりにくくする薬なので、服用すると出血が止まりにくくなることがあるということです。
歯茎からの出血や鼻血が止まりにくい、黒い便が続くなどの症状が現れたときは速やかに医師の診断を受けるようにします。

 

また、頭蓋出血などの危険な出血を招いたり、胃潰瘍や頭痛、意識障害といった危険な副作用を引き起こす事もあります。

その為、普段の食生活や薬の飲み合わせには十分に注意する必要があります。

これらを服用している場合は、病院や薬局においては必ず伝えるようにします。

 

しかし、副作用が出る可能性はありますが、どちらも血液の流れを良くする効果はかなり期待できるのも事実です。
その為、服用する際は用法や容量を正しく守り、飲み合わせなどに注意をすることが大切になってきます。

 

 

血液サラサラにするサプリの特徴とは

 

最近では、結婚後も更に子供が生まれた後も、仕事を続ける女性が増え、今では共働きの家庭も特に珍しくありません。

 

ですがそんな風に共働きの家庭が増えた事で、夫婦共に忙しくて、きちんと栄養バランスが考慮された食事を摂る事が難しくなっているのです。

 

お陰で結婚後も、食事は外食や弁当等で済ませてしまい、肉類や揚げ物等自分の好きな物ばかり食べ続けてしまう人が多くなっています。

 

そんな風に高カロリーでしかも、偏った食事を続けていると、血流が悪くなってしまう可能性が高いです。

 


血流が悪くなると、血管が詰まり易くなってしまい、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる様な重大な病気になる可能性が高くなってしまいます。

 

なので血流が悪くなってしまっている人は、肉類や揚げ物といった高カロリーの食事を止め、栄養バランスを意識する様に心掛ける必要があるのです。
そして血流が悪くなっている人は、血液サラサラにしてくれる成分を積極的に摂取する必要があります。

 

そんな中、血液サラサラにする成分は、青魚に多く含まれているので、青魚を摂取する事で効果を得る事が可能です。
ただしそういった青魚の成分は、加熱処理等により損なわれ易いので、摂取する際には注意する必要があります。

 

更に血液サラサラ成分は、一度に大量に摂取するよりも、適量を毎日継続して摂取し続けた方が、より高い効果を得る事が可能です。
なので食事で摂取するのではなく、血液サラサラにするサプリとして摂取を考える人が多かったりします。

 

 

そんな血液サラサラサプリの特徴としては、青魚に含まれる成分を凝縮してカプセルや錠剤として販売してる商品が多いです。

 

しかも前記した様に、こういった青魚の血液サラサラ成分は熱に弱い上に、酸化し易いという欠点も持っています。

 


なので血液サラサラにするサプリの特徴としては他にも、加熱処理は行っておらず、酸化防止対策を行っている商品が多いです。

逆に言えばそういった処理を行っていない商品は、血液サラサラ効果が弱まっている可能性があります。

 

 

血液をサラサラにするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

血液サラサラにする食べ物と飲み物とは

 

血液をサラサラにしたいと考えている方はかなり多くいると思われます。

 

ドロドロの状態だと様々な問題が生じてしまうので、早い段階で改善することが求められます。

 

具体的な症状として、頭痛やめまい、疲れがなかなか取れない、肩こり、腰痛、集中力の低下などを挙げることができます。

 

血液のドロドロは症状が深刻になってからだと改善するのが大変なので、なるべく初期段階で対策を講じることが大事です。

 

 

 

そこで、血液サラサラに改善するための食べ物と飲み物について見ていきます。

 

食べ物では、まず青魚を挙げることができます。

 

青魚には血液サラサラに効果があるEPAという成分が含まれているので、積極的に摂るようにしてください。

 

サバやイワシ、アジなどに多く含まれてしますが、EPAは熱に弱い特徴があるので、生で食べるのがベストです。

 

加熱等の調理をしても構いませんが、成分が失われないように工夫が必要です。

 

また、海藻類も摂るべき食べ物になります。

 

血液サラサラの効果が期待できる水溶性食物繊維が豊富に含まれていますし、EPAも多く含まれています。

 

海藻類をあまり食べない方が多くなっているので、意識して食事に取り入れることを推奨します。

 

他には玉ねぎきのこ類も血液サラサラの効果があります。

 

飲み物は、カテキンが多く含まれている緑茶がオススメです。

 

血液中にあるコレステロールを抑える働きがあるので、血液の状態を改善する効果がかなりあります。

 

緑茶を飲む習慣がない人もいると思われるので、そういう方はスーパーやコンビニ等で売っているペットボトルの緑茶でも全然問題ありません。

 

また、水も大事な飲み物だと言うことができます。

 

水分が少なくなると血液中の水分も少なくなってしまい、ドロドロになりやすくなってしまいます。

したがって、水分不足にならないように、こまめに水を飲んでください。

 

他にオススメの飲み物は、ポリフェノールが含まれている飲み物酢を代表とするアミノ酸やクエン酸が含まれている飲み物になります。

 

 

血液サラサラにする薬の種類とその副作用とは

 

 

脳梗塞や心筋梗塞など、血が固まった血栓が血管に詰まってしまう病気は、発症後すぐに手当をしないと命を落とすかもしれません。

 

また、命は助かっても重篤な後遺症が残る可能性があります。

 

高齢者やコレステロールや血糖値の高い方は、特に発症する確率が高いので、日頃から対策を講じなければいけません。


また、一度、脳梗塞や心筋梗塞などを発症した方は、二度目、三度目があるかもしれないので、医師から血液サラサラにする薬が処方されるはずです。

 

代表的なものとしては、血液が固まりにくくする抗凝固薬ワーファレンプラザキサ血を固める血小板の働きを抑える抗血小板薬アスピリンがあります。

 

命が助かるためには、そういった薬の力を借りることは、当然のことといえますが、気をつけてほしいのは副作用のことを忘れてはいけないということです。

 

例えば、抗凝固薬は血を固まりにくくすることで血管内の血栓を防ぐことは出来ますが、切り傷や内蔵からの出血なども固まりにくくしてしまいます。

 

人間の体は血が固まることで傷口がふさがり、そこで治癒が始まるので、いつまでも傷口が塞がらないと大量の出血でいつまでも傷が治りません。

 

また、ワーファリンの仕組みは血液凝固に関わるビタミンKの働きを抑えることで作用しています。

 

このために納豆などビタミンKを多く含む食べ物を摂取すると、効果が打ち消されてしまいます。

 

他にも服用している薬と効果がぶつかることが多いので、処方をしてもらうときには医師と相談をしていきましょう。

 

プラザキサの場合には、そのようなことはないのですが、消化器に副作用が出て消化不良の症状が出ることが多いです。

 

アスピリンのような抗血小板薬の場合にはどうなのかというと、やはり傷口が塞がらず出血が多くなることがよくあります。

 

また、消化器の潰瘍を引き起こすこともあるので、使用をする時には注意が必要です。

 

このように血液サラサラにする薬には、幾つもの副作用が懸念されます。

 

日常生活に制限がかかるかもしれませんが、治療の効果を高めるためには、医師や家族と連携して服用していく事が重要です。

 

 

血液をサラサラにするおすすめサプリランキングに戻る↑↑

 

 

 

血液サラサラにする栄養素の詳細について

血液サラサラの栄養素は、植物や動物の成分に由来するもので、種類は非常に多いのが特徴です。

 

食事では根菜や豆類を多くすれば、サポニンという成分が豊富になるため、高血圧や動脈硬化を予防するために役立ちます。

 

一方で、野菜が極端に少ない食事にすると、サポニンの摂取量を増やすことができないため、コレステロールなどの悪影響を受けやすくなります。

 

動物性の油については、肉類には血液の流れを悪くする作用があります。

 

ところが、マグロやイワシなどの脂分には、必須脂肪酸としてDHAとEPAが含まれることから、血液サラサラの栄養素として重宝されています。

 

これらの油は旬の魚から摂取すれば、不足分も含めて十分に摂取できます。

 

あるいは、鰹節や煮干しなどの水産加工食品からも摂取できますから、日本の伝統的な食事を楽しめば不足させる心配も少なくなるわけです。

 

料理に使う油で考えると、中華料理に欠かせないラードは摂り過ぎれば血液をドロドロにさせる場合があります。

 

一方で、オリーブオイルエゴマ油などの植物油には、血液サラサラの栄養素としてビタミンEが多く含まれています。

 

さらには、オメガ脂肪酸に分類される栄養素も含まれることで、食べれば健康を増進するために役立つことになります。

 

普段の食事では、野菜と一緒に植物油を食べることは、脂溶性ビタミンの摂取を促進できるという利点もあるのです。

 

血液サラサラの栄養素には、納豆に含まれるナットウキナーゼもあります。

 

納豆を日頃から食べると、食物繊維もたっぷりと摂取できますから、ナットウキナーゼの作用と合わせて相乗的な恩恵を得ることが可能になります。

 

海藻類に含まれる食物繊維は、味噌汁や鍋料理に入れて頻繁に食べる場合には、血液サラサラの栄養素を欠かさずに吸収できます。

 

玉ねぎニンニクに含まれるアリシンは、血液サラサラの栄養素としても極めて重要ですから、薬味やサラダの具材として使用することがおすすめです。

 

 

血液をサラサラにするおすすめサプリランキングに戻る↑↑

 

 

 

血液サラサラにする生活習慣とは

血液は健康のバロメーターとも言われています。

 

健康な人の血液は流れがいいのに対し、ドロドロした血液の人は、免疫力が低下したり動脈硬化や生活習慣病といった病気が引き起こされてしまうことがあります。

 

一度ドロドロ血液になってしまうと、血液サラサラに戻すのは時間もかかりますし大変です。

 

ですから、ドロドロ血液にならないような生活習慣を身に着けることが必要です。

 

血液サラサラにする生活習慣には、まず食生活があります。
栄養バランスが整った食事をきちんと3食、食べることが大切です。

 

青魚に多く含まれるDHA・EPAという脂肪酸は血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

 

アジやイワシ、サンマ、サバ、ブリ、マグロといった魚に豊富に含まれています。

 

ビタミンやミネラルが豊富な野菜やきのこ類、納豆、海藻、お酢などの食材も血液サラサラ効果があるので、積極的に摂りたい食材です。

 

 

 

また、それに合わせて腸内環境も整えておく必要があります。

 

体内の老廃物や有害物質は便と一緒に排出されるのですが、便秘の状態だと腸壁から吸収されて血液をドロドロにしてしまうことがあるからです。

 

次に、適度な運動をすることも重要です。

 

特に血液をサラサラにするはストレッチやウォーキングといった有酸素運動が効果的だと言われています。

 

有酸素運動は血管が広がるので血液の流れが良くなります。

 

そして、血液中の脂肪が消費されるので血液がサラサラになるのです。

 

内臓脂肪や皮下脂肪を消費し始めるのは20分以上有酸素運動をしてからなので、20分以上の有酸素運動をするとより効果的といえます。

 

それから、適切な睡眠をとることも必要です。

 

人の体は日中は活動を活発にするため、交感神経が働いて血液の流れを速くし血液量を増やしています。

 

夜は副交感神経が働いて血液の流れを遅くしています。

 

睡眠が不足してしまうとこの切り替えが上手く行かずに、血液の流れが速いままになってしまいます。

 

すると、血液中の老廃物がリンパに行かずに残ってしまいドロドロした血液になることがあります。

 

 

 

血液をサラサラにするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

血液サラサラには野菜が一番

「健康な生活習慣のために、血液をサラサラな状態に保っておく事が大切」

言われるようになって久しく経ちます。

 

そもそも、血液がサラサラとはどういった状態なのでしょうか?
また、血液をサラサラにするためにどんな事をすれば良いのでしょうか?

 

今回は普段の生活でも実行できる、血液サラサラのための習慣をご紹介しましょう。

 

 

血液の役割

そもそも血液の役割とは、身体中の細胞に必要な栄養素や酸素を届け、不要になった物質(老廃物や二酸化炭素)を回収する事にあります。

 

人間は体重60kgの人で約60兆個もの細胞があり、その細胞全てに栄養素を送る血管の総延長は10万kmで、地球を約2周半もする長さがあります。

 

この血管がドロドロの血液によって詰まったりすると、細胞に栄養が行き渡らなくなったり老廃物が回収されないまま細胞の中に溜ったままになったりします。

 

その結果、むくみ、疲れやすい、手足の冷えといった日常の症状から高血圧や肥満、糖尿病といった生活習慣病までさまざまな症状を引き起こすのです。

 

血流がドロドロになる原因

血液がドロドロになり、血流が滞る原因は様々な要素が関わり合っています。

 

主に食生活や運動の習慣など生活習慣によるもの、高血圧など先天的な遺伝によるものなどがあります。

 

肉中心の食事、野菜不足、糖分の摂り過ぎといった食生活や、タバコ・アルコールなど嗜好品、運動不足も血液をドロドロにする原因とされています。

 

健康な人でも偏食や飲酒、ストレス過多など生活習慣が乱れると血液がドロドロになるリスクがあり、油断は出来ません。

 

サラサラな血液にするためには

飲酒・喫煙を控え適度な運動など生活習慣を変える事で、血液がサラサラな状態に近づける事が出来ます。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪の値が低いと血液がサラサラな状態とされています。血流が目に見えてよくなり、毛細血管の隅々にまで血液が行き渡り、細胞に栄養を供給して老廃物を素早く回収出来るようになります。

 

こうした血液の状態は飲酒や喫煙、ストレスや睡眠不足など生活の基本的な部分に大きく左右されます。適度な運動で血液の循環を促したり、免疫力を高めたりする事で動脈硬化の予防にも繋がります。

 

もっと基本的な部分、ふだんの食生活から改善して健康な状態を保ち血液をサラサラにしておきたいものです。そのために、どんな食品が血液をサラサラにしてくれるのでしょうか。

 

血液をサラサラにする食品・食べ物

血液をサラサラにする食材としてまず挙げられるのが青魚です。

 

さば、いわし、さんまをはじめ、さけ、まぐろ、はまち、ぶり等の魚にはDHAEPAといった血液の流れを良くする栄養素が入っているので、血液をサラサラにするために1日1食は摂っておきたい食べ物です。

 

特にEPAには、血液の流れを塞いでしまう血小板の硬質効果を防いだり、血液が流れやすくするように血管内の物質の変形を促したりする効果があります。

 

健康に関するある調査(2005年)では、魚を常食とする人とそうでない人を比べると、魚を食べる人は心筋梗塞の発症リスクが35-45%に減る事が分かっています。

 

青魚は抗酸化食品の緑黄色野菜と一緒に摂ることで血液をサラサラにする効果を上げる事が出来ます。緑黄色野菜には、ほうれん草などの青菜やトマト、ブロッコリー、ピーマン、人参、カボチャなどがあります。

 

緑黄色野菜に含まれるビタミンCやビタミンE、βカロテンなど抗酸化作用のあるビタミンは、血液をドロドロにする原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が体内で酸化されるのを防ぐ働きがあります。

 

そのため、血管の老化を防いで動脈硬化を予防するのです。

 

また、野菜に含まれる食物繊維は摂り過ぎた脂肪や糖分の吸収を穏やかにしたり、有害な物質を体外に排出する手助けをしたりしてくれます。

 

野菜の効果的な食べ方

せっかく血液をサラサラにする効果がある緑黄色野菜ですから、効果的な食べ方をしたいものです。

 

厚生労働省の統計調査によると、1日に必要とされる野菜の量は350gとされていますが、実際には100g前後しか食事で摂れていません。

 

野菜を生のままたくさんの量を摂る事は難しいため、調理方法に工夫をして毎日の食事で必要な野菜を摂るよう心掛けましょう。

 

例えば、人参やトマトなど緑黄色野菜は加熱した方が生で食べるよりも栄養素は吸収されやすくなります。トマトに含まれる「リコピン」や人参の「βカロチン」は比較的熱に強く脂に溶けやすい性質があるため、炒め物などに適しています。

 

野菜ジュースも栄養を効果的に摂る方法のひとつです。血液をサラサラにする野菜の成分は細胞の中に蓄えられており、包丁で切ったり歯で噛んだりした程度では細胞を守る壁は壊れません。

 

そこでジューサーミキサーなどで野菜の細胞をすり潰し、中にある栄養素を摂り易くするのです。ただし、ポリフェノールなど野菜の栄養素は酸素に触れると劣化するので、作り立ての新鮮な野菜ジュースを摂るようにしましょう。

 

血液をサラサラの状態に維持するために、やはり食事に気を付けて野菜を意識して摂るようにすることです。しかし、血液サラサラの食べ物ばかりを偏って食べると全体の食事バランスが崩れてしまいます。

 

野菜、魚、海藻など血液サラサラに効果のある食品を覚えておいて、バランスよく摂取する必ようにしましょう。

 

 

血液をサラサラにするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

コンビニでも手に入る血液サラサラ飲料

健康のバロメータとして「血液がサラサラであること」があげられます。

 

血液がサラサラな状態であることは、ストレスがなく食生活が健全で適度な運動習慣のある生活をおくっている証拠です。

 

ストレスがあると血液中にアドレナリンという交感神経を活発にするホルモンが増えます。すると心臓も活性化し血管も収縮して血圧が上がり、血液に含まれる赤血球が増えて、血液がドロドロの状態になってしまいます。

 

食生活もサラサラな血液を作るのに大きく影響します。脂質の多い食事や糖分の摂り過ぎは血中のコレステロールを高め、血管を傷つけたり血栓という血液の小さな塊が出来やすくなったりします。

 

最近の健康志向を受けて、血液をサラサラにするための様々な商品・食品が販売されています。薬局やスーパー、コンビニでも手軽に購入出来るようになりました。

 

コンビニは全国各地にあり、24時間365日営業しているので思い立ったその時に、血液サラサラ飲料やサプリメントが購入出来ますし、何と言っても手軽に購入出来るので継続する習慣がつきやすいのが特長です。

 

コンビニで購入できる血液サラサラ飲料の主なものとしては、黒酢を成分にしたもの、お茶の成分を強化したものなどがあります。

 

コンビニで購入できる血液サラサラ効果をうたった飲料のうち、黒酢を主成分にしたものは、黒酢の豊富なミネラルや必須アミノ酸などに着目したものが多く並んでいます。

 

黒酢は疲労回復や内臓脂肪の燃焼を促す効果も期待できるため、血液をサラサラな状態にするだけでなく、ヘルスケアを意識する層に受け入れられています。

 

お茶の成分を強化した飲料、例えば、ポリフェノールといったお茶のカテキンを利用したペットボトル飲料は手軽に飲む事が出来るので、日常的に血液をサラサラな状態にするのに効果的です。

 

健康志向の高まりを受けた飲み物やサプリメントがコンビニで買えるようになり、各メーカーとも新商品の開発や販売に力を入れています。

 

血液サラサラを習慣づけるために、各社の製品をコンビニで比較しながらどんな製品が自分に継続できるのか試してみてはいかがでしょうか。

 

 

カンタンに出来る!血液サラサラの確認方法

動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める血液のサラサラ度をカンタンに確認出来る方法があります。

 

自分の健康状態を知るいい機会ですから、今回ご紹介する方法で血液がサラサラかどうかご自分で確認されてはいかがでしょうか。

 

血液がサラサラなのかドロドロの状態なのか知る確認する方法はいくつかあります。

 

一番手軽なのは、健康関連サイト(製薬会社・医療関連会社)の問診チェックでの確認方法があります。

 

食生活や運動など生活習慣に関する質問や家族(遺伝的関係)に関する質問に答えていくと、血液の状態をおおよそ知る事が出来ます。

 

問診形式ですから、いつでも簡単に出来る反面、正確性に欠ける事は否定できません。あくまでも、専門医による検診の前段階での確認方法として使いましょう。

 

仮に、問診の結果問題のある回答になったら必ず専門の医療機関での診断を仰いで下さい。

 

次にご紹介するのは、「血液検査キット」による確認方法です。
これは、医療機関が開発した検査キットを取り寄せ、自分で採血してそのサンプルを専門機関に送って検査してもらうものです。

 

検査キットの内容により検査項目は異なりますが、コレステロール値など血液のサラサラ度に関わる項目の他、内臓機能(肝機能・腎機能)や栄養状態なども確認する事が出来ます。

 

自分で採血・サンプル送付をするので検査機関に行く手間が省けます。検査結果は検査項目にもよりますが、2,3日で届きますから時間に余裕のない人でも自分の健康状態を確認する方法として便利でしょう。

 

この確認方法も専門医との対面検査ではないため、やや精度や個人情報の管理に不安はありますが、手軽な確認方法として、あるいは本格的な検査前の事前確認として簡単で便利です。

 

最後にご紹介する確認方法は、血液検査です。健康診断などの項目として採血・検査を行います。

 

一般的な検査であれば、コレステロール値、脂質、糖質、比重などの検査を行います。

 

血液サラサラに関連する項目は、赤血球、血小板の数値などになります。これらの数値を総合的に確認する事で、血液の状態から身体の中にある異常の有無を調べる確認方法なのです。

 

検査項目は性別、年齢、持病の有無などにより異なります。食事の前後やその時の健康状態などによっても血液の状態は刻一刻と変化しているので、身体の状態を把握するためには、定期的な検査をお勧めします。

 

特に持病のある人は、血液検査だけでなくかかりつけ医の意見も聞いて、日々の健康状態をチェックし、最適な状態の確認方法を見つけておきましょう。

 

 

血液サラサラの影の主役、血小板

血液は様々な成分から出来ています。中でも血小板という成分は血液をサラサラな状態に保つひとつの指標として使われています。

 

本来、血小板は血液の中にあって、止血の役割を担っています。怪我などの外傷により、血液が流れ出た時、傷の場所を正確に把握し、傷に集まって血液を凝固させ止血します。

 

このように、人体を守るために欠かせない血小板ですが、その数が増えすぎると血液がドロドロの状態になりかねない厄介な存在です。

 

血液が程よくサラサラな状態を保つ血小板の数値はPLTという検査項目で男性の場合:13.0〜38.0、女性の場合:14.0〜36.0の範囲内とされています。

 

水分不足やメタボリック症候群の人、飲酒の習慣がある人は血小板が固まりやすい(凝固)傾向にあると言われています。こうした血小板の凝固を防ぎ、血液をサラサラにするためにいくつかの方法があります。

 

まずは食生活の改善です。野菜を意識的に摂る事を心がけましょう。

 

野菜の中でも、タマネギ、ニンニクなどの香味野菜に含まれる含硫アミノ酸は血小板の凝集(固まりやすさ)を防ぎ、血液サラサラに役立ちます。

 

また、お茶に含まれるカテキンという渋み成分も血小板凝集の防止に有効とされています。最近は、このカテキンの持つ様々な効能に着目した飲料も開発・流通するようになりました。健康のためカテキンを積極的に摂る人もいるようです。

 

食生活だけでなく、ストレスをためない、適度な運動を習慣つけるといった生活全般を見直す事で血液サラサラな健康体を維持出来ます。

 

ストレスを感じると人間の体内では活性酸素という物質が増えます。この活性酸素はウイルスや細菌に対抗するための自衛機能が本来の目的ですが、過剰なストレスのため増えすぎた活性酸素は体内の血管を攻撃してしまうのです。

 

こうして出来た血管内部の傷を修復するために血小板が多く作られ、結果として血小板の数が過剰になり、血液がドロドロになりさらに血管を傷つける、という悪循環が起こってしまうのです。

 

ストレスを解消する方法はひと様々ですが、飲酒によるストレス解消はおススメ出来ません。アルコールを摂取すると体内の水分がアルコールを分解するために消費され、血液中の水分不足により血液がドロドロの状態になってしまうからです。

 

充分に水分補給をしたうえで、適度な運動でストレス解消する事を健康の面からお勧めします。

 

血液をサラサラにするサプリとの併用がおすすめ↑↑

 

 

血液サラサラと髪の意外な関係

身体の中を流れる血液と皮膚の外に生える髪。一見深い関係には見えませんが、実は血液がサラサラな人の髪もまたサラサラと魅力的な輝きを見せているのです。

 

血液は血管を通して全身に栄養を送り、不要になった老廃物を回収する役割を担っています。一方、髪は頭皮にある毛細血管から栄養を毛母細胞という細胞から受け取り、細胞分裂を日々繰り返しています。

 

この細胞分裂により髪は毎日成長、伸びてゆくのです。細胞分裂には新鮮な栄養が必要です。つまり、血液の循環が毛細血管に充分に行き渡らないと髪は成長出来ないのです。

 

血液中の成分がバランスよく血管も健康であれば、身体の末端細胞である髪にも十分栄養が届き、サラサラな髪になります。血液がサラサラの健康な状態であれば、髪も健康的な輝きを保っていられるのです。

 

頭皮にある毛細血管は毛髪よりも細く、毛髪の1/10程の細さです。その毛細血管の血行を促進する事は髪をサラサラにする近道になります。

 

美容院で頭皮の血行を促進するためにマッサージをするのは、リラクゼーションだけでなく髪のためでもあるのです。

 

実は髪のための頭皮マッサージにもコツがあります。それは、朝の時間にマッサージをする事です。

 

人の身体は就寝中、血液の循環が滞りがちです。そのため寝起きに頭皮マッサージをする事で就寝中に溜った頭皮の毛細血管にある老廃物をより早く回収し、新鮮な栄養を髪に届ける事が出来ます。

 

こうしてサラサラな血液で栄養を髪に供給する事で健康的な輝きが髪に戻ります。

 

一方、血液そのものがサラサラでないと、髪に栄養を届けられません。

髪と血液をサラサラに保つ身近な食材は魚介類があります。

 

中でも、鮭、エビやカニの「アスタキチサン」という赤い色素にはレモンの6000倍もの抗酸化作用があり、血液サラサラと髪のダメージ回復に役立ちます

 

髪はタンパク質を主成分としています。そのため良質なタンパク質を摂る事は髪の表皮を健康に保ちます。大豆類のタンパク質は髪の生成だけでなく、女性ホルモンとよく似た働きをする「イソフラボン」を多く含んでいます。

 

大豆から作られる納豆は血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」という酵素も含んでいる注目の健康食材です。

 

血液をサラサラにする事はヘルスケアだけでなく、髪のケアまで含めたトータルな健康管理といえるでしょう。

 

 

 

血液サラサラ検査のポイント

血液のサラサラ度を測る検査にはいくつかの方法があります。

 

もっとも一般的な方法である「マイクロチャンネル法」は、採血した血液を特殊な装置に流します。

 

血液が身体の中の毛細管内を模した装置を通過する様子をテレビモニターで確認します。モニターを通して、自分の目で血液サラサラかどうかを見る事が出来るので検査として見やすい方法です。

 

一方で、検査装置の中の血液の流れと実際の身体の中の血管では流れ方が異なるので、正確な結果のためには何回かの検査が必要となります。

 

血液のサラサラ度は、身体の状態によって大きく異なります。ストレスがかかった状態ではドロドロになり、食事の前後、起床直後、運動の後など検査の前には条件を正しく告げておきましょう。

 

血液のサラサラ度をチェックするために、血液中のいくつかの成分を検査します。

 

  • 赤血球
  • 身体の細胞に酸素を送る役割を担っています。この赤血球が足りないと貧血状態を引き起こします。
    検査の基準値は男性で400万〜540万/μl、女性なら380万〜490万/μlとされていますが、この数値が高すぎると血液がドロドロの状態になります。
    赤血球自体の硬さも血液サラサラに関係があります。
    硬い成分の多い血液は毛細血管の中を流れにくい状態になっているのです。

     

  • 血小板
  • 外傷から血液が流れ出るのを防ぐため、傷口を修復する役割をします。
    この血小板が多いと血液の流れが滞り、ドロドロの血液になってしまいます。
    検査の基準値は13万〜40万/μlとされています。

     

  • コレステロール値
  • 血中のコレステロール値を検査する事で血液のサラサラ度を測る事が出来ます。
    血中のコレストロールにはIDL、HDL、LDLといったいくつかの種類がありますが、これら総コレステロール値が高かったり、HDLコレステロール(善玉コレステロールのひとつ)が低かったりする場合は 血液がドロドロ状態である疑いがあります。

     

    血液の成分の他、体内の水分量も血液サラサラに影響を及ぼします。ストレス解消のため、サウナや長時間入浴をする人がいますが、水分補給を充分にして下さい。発汗による水分の減少は血液をドロドロな状態にします。

     

    入浴前や入浴中にミネラルウォーターなどで水分を充分に補っておきましょう。

 

 

 

血液サラサラとアトピーの意外な関係

アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと省略)は、身体の中の要因と身体の外、環境による要因の二つが相互に関連して引き起こすとされています。

 

身体の中の要因とは、アトピーに対する免疫的な要因(遺伝的要因も含む)と皮膚のバリア機能の低下などがあります。

 

環境による要因は様々あり、食物やホコリ、ダニなどアレルギー症状の原因となる物質、汗や摩擦など外的刺激、またストレスや寝不足といった生活環境もアトピーの原因となり得ます。

 

アトピーが子どもの頃に発症し、成長とともに症状が改善、解消されるのは身体の中の要因が成長とともに変化する事、環境の変化によりアレルギー物質から遠ざかった事でアトピーが改善されるのはこのためです。

 

いったんアトピーが発症すると、皮膚のカユミや肌荒れ、炎症といった辛い症状になり、それがストレスとなってさらにアトピー症状が重くなる悪循環になります。

 

環境は比較的簡単に改善する事が出来ます。アトピーの原因となるホコリ、ダニや花粉などアレルゲン物質を遠ざける事でアトピーの改善を目指します。

 

生活環境の要因も改善する事が出来ます。例えば、寝不足やストレスは生活習慣を変える事で解消出来ます。

 

アトピーだけに留まらず、寝不足やストレスは身体の中で様々な症状を引き起こします。血液の流れがドロドロになり、血行不良を引き起こし、皮膚に充分な栄養を供給出来ないうえに老廃物を回収する事も出来ないとなると、アトピー同様に深刻なダメージを内蔵などに残します。

 

血液をサラサラな状態に保つ事は、アトピーの改善だけでなく様々な恩恵をもたらします。血液がサラサラであれば、皮膚の下にある毛細血管にも十分血液が行き渡り、皮膚の新陳代謝を促します。

 

新鮮な血液を皮膚の下にある皮下組織を通じて、外側の角質層にまで栄養、水分が届けば肌のバリア機能が回復します。冬の乾燥した季節にアトピーが悪化する傾向があるのは、乾燥により角質層の水分量が減り、保湿機能が低下するためです。

 

血液をサラサラにして血行を促す事で角質層が本来持つバリア機能を取り戻して、アトピーに対し抵抗力をつけるのです。

 

血行を促進するために手指をこすり合わせてマッサージをする方法がありますが、アトピーの症状がある際には注意が必要です。マッサージによる刺激(摩擦)でアトピーが悪化する恐れがあります。

 

アトピー症状を悪化させないために、専門医の指導の下、保湿クリームなどで肌(角質層)の水分を補ってからやさしくマッサージをして血液の循環を促しましょう。

 

 

漢方で血液サラサラに改善

東洋医学(漢方)では、血液がドロドロになったり体に害を及ぼすように滞ったり、固まりやすくなっている状態を「おけつ」と呼んでいます。

 

漢方の分野では血流(血液の流れ)や気の流れを重視します。血液がきれいでサラサラした状態のまま全身をくまなく流れているのが理想的な状態です。

 

これが何らかの原因によって血液が汚れたり、ドロドロになって固まりやすくなったりすると万病の元と漢方では考えられています。

 

血液は人間の体にくまなく巡らされた血管を流れ、全身の細胞に栄養と酸素を届け、老廃物を回収します。

 

この血液の流れが滞ると、老廃物が身体のあちこちに溜り、体のバランスが崩れ、様々な悪影響を及ぼします。肌にはツヤがなくなり、シミやアザができたりします。

 

脳に酸素が行き渡らず、思考力の低下も血液の流れに関係があると漢方では考えられています。疲労物質が体内に溜り、筋肉がこわばり、肩こりや腰痛、体のあちこちに痛みが現れることもあります。

 

こうした血液の流れを改善し、サラサラな血液にするために漢方では血行に効果がある生薬を処方します。

 

一例をあげると、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」は、交感神経の緊張を和らげる作用あり、ストレスなどによる血行不良によく効く漢方薬とされています。

 

血行が気になる女性には、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」という漢方薬があります。これは、血行不良の改善に用いられ、女性特有の疾患に高い効果があると言われています。

 

血行が改善したサラサラな血液で肌にも栄養が行き渡り、肌のツヤが蘇るというわけです。

 

血液がドロドロになる原因のひとつに血液中のコレステロールや脂質があります。漢方では、コレステロール中性脂肪が高い、高血圧や血管が浮き出るなど諸症状の緩和に「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」が用いられます。

 

冠元顆粒」には丹参(たんじん・シソ科)、川きゅう(せんきゅう・セリ科)、芍薬(しゃくやく・ボタン科)といった植物性の生薬が含まれ、血液をサラサラにする作用があります

 

漢方薬は医師による処方以外にも市販されているものもあります。症状に応じ、専門医の相談を受けながら血液サラサラに取り入れて下さい。

 

血液サラサラサプリのランキングに戻る↑↑

 

 

血液サラサラと梅干しの関係を見直す

梅干しは昔から血液をサラサラにする、と言われています。

 

他にも梅干しには、食中毒予防効果、風邪を予防する、糖尿病予防にも効果があるとされています。

 

梅干しにはクエン酸をはじめ、梅リグナンやムメフラールといった健康成分が含まれています。

 

クエン酸は、元々アルカリ性ですから、酸性化してドロドロの状態になった血液を中和してサラサラな状態に戻す効果があるのです

 

人間の血液やリンパなどの体液は、ペーハー値7.4位の弱アルカリ性が正常な状態です。近年の偏った食生活は酸性化した食品を多く摂取し、その酸性化した身体は腎臓の機能を低下させ慢性病につながるリスクが高まります。

 

血液がドロドロした酸性化を防ぐためにはアルカリ食品で中和させる必要があります。例をあげると、酸性の食品である牛肉を100g食べると身体のペーハー値を中和させるために、アルカリ性のキュウリが900g必要になります。ところが、梅干しならばたった5gの量で中和する事が出来るのです

 

梅干しの酸味はクエン酸によるものですが、酸味により食欲増進効果もあり酸味が体内の消化器官を刺激し唾液など消化酵素の分泌を促し、消化を助けます。

 

梅干しに誘発されて出る唾液の質はサラサラで、口の中に残った食べかすや細菌を洗い流し、虫歯予防にもつながるのです。

 

梅干しのクエン酸には、疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあります。疲労を感じる物質を体内に残さない事で疲労回復にも効果があるのです。

 

疲労が残っているとストレスを感じやすく、そのストレスが血液をドロドロにします。血液をサラサラにするクエン酸を多く含む梅干しは、様々な面で健康をサポートしてくれるのです。

 

血液中のコレステロール、脂質が増えると血液がドロドロの高脂血症になり、血管内で血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

 

こうしたリスクを抑えるには血液をサラサラな状態にしておく事が重要です。梅干しには「アンギオテンシンU」という成分が含まれています。

 

アンギオテンシンU」には、血管収縮性作用のあるホルモンの働きを調整し、血圧の上昇を抑え動脈硬化の発生を抑制する作用があります。血管がうまく収縮する事でサラサラな血液が流れ、動脈硬化のリスクを抑えるのです。

 

このように梅干しには血液サラサラに役立つ高い効能があるのです。

 

 

血液をサラサラにする?コーヒーの効能

コーヒーに血液をサラサラにする効能がある事が次第に分かってきました。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールが動脈硬化のリスクを減らすという統計があります。

 

動脈硬化は血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増える事で動脈の壁を硬くし、血液から血管の壁に入り込んで血管を分厚くさせてしまう症状です。

 

血液がサラサラの健康であれば動脈硬化の原因のひとつである悪玉コレステロールが血液中に少ないので、リスクは低くなります。コーヒーに含まれるポリフェノールには、悪玉コレステロールを減らす働きがあるのです。

 

血液がサラサラかどうかを測る基準に血液中の脂質の量を計測しますが、コーヒーのカフェインには脂肪を分解する酵素を活性化させる働きもあります。

 

コーヒーに含まれるカフェインが脂肪細胞に入り込みその酵素を活性化させる事で脂肪細胞を分解する、というのです。血液中の脂質(脂肪)が減ると、血液はサラサラになります。コーヒーのカフェインがこのサラサラな血液に一役買っているのです。

 

以前はカフェインを摂取すると脳が興奮状態になり血圧が上がる、と考えられていました。最近の研究では、コーヒーを日常的に飲む人とそうでない人を比較すると、日常的にコーヒーを飲む人たちの血圧が低い傾向がある事が分かりました。

 

コーヒーを飲めば直ちに血圧が下がるわけではありませんが、コーヒーと血圧の因果関係は注目されています。

 

血液がサラサラな人は罹りにくい糖尿病の予防効果もコーヒーで確認されています。

 

糖尿病のうち、U型糖尿病に限定して調査したところ、40〜69歳の日本人約5万6,000人を対象にコーヒーを飲む回数が「週に3〜4杯飲む」人は「ほとんど飲まない」人に比べて、U型糖尿病の発症リスクが男性で17%、女性で約40%低下するという結果が出ました。

 

コーヒーが血液をサラサラにする効能はこうした調査から判明していますが、その理由については長期に渡る継続した研究が必要なため、明確な因果関係の解明を待ちたいと思います。

 

 

血液をサラサラにするサプリ トップページに戻る↑↑

-