MENU

血液をサラサラにする赤ワイン、ナッツ類、たまねぎの成分とその特徴、メカニズム

血液サラサラにする食品として赤ワインやナッツ類、たまねぎなどを挙げることが出来ます。

 

血液サラサラにする赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールという抗酸化作用のある成分が入っていますが、これは血中に過酸化脂質の生成を抑制するという特徴があります。

 

過酸化脂質は動脈硬化の原因になるコレステロールや中性脂肪が酸化したものなので、ポリフェノールの様に抗酸化作用の強い成分を摂取することで酸化を防ぎ、過酸化脂質に変化することを止めることが出来ます。

 

ポリフェノールの様に抗酸化作用のある成分は、他にも納豆に含まれるナットウキナーゼ、青魚に含まれるDHA、ゴマに含まれるセサミン、大豆に含まれる大豆イソフラボン、緑茶に含まれるカテキンなど多くあります。
特にナットウキナーゼには血栓を溶かす効果もあるためダブル効果を期待出来ます。

 

 

また血液サラサラにするにはナッツ類も効果的です。ナッツ類には抗酸化作用のあるビタミンEやカロテンが含まれますが、他にもコレステロールを抑制し血圧をコントロールする作用のあるリノール酸やリノレン酸、血中コレステロールや中性脂肪を減らすナイアシンも含まれているため、ただ酸化を防ぐだけでなく、酸化する原因となる物質を減らすという根本的な部分からの改善を期待することが出来ます。

ナッツ類も血液をサラサラにするのを助ける

 

どのようなナッツ類でも効果を期待することが出来ますが、皮が付いているものを選ぶとより効果的であり、消化を良くするためにもよく噛んで食べることが大切です。

 

 

血液サラサラにするための食材としてたまねぎが挙げられますが、これはたまねぎに含まれる硫化アリルが血液の凝固を抑制することで血液サラサラにする効果を発揮します。

 

食べる際は生で食べても過熱しても問題はないですが、生で食べる際に水にさらしてしまうと硫化アリルが流れ出てしまうので、何もしないで食べると効率良く摂取することが出来ます。

タマネギの成分が血液サラサラに!

 

またたまねぎの皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、お茶にして飲むと余すことなく摂取することが出来ます。

 

 

血液サラサラにする成分がその効果を発揮するためのメカニズムのポイントして挙げられるのは、抗酸化作用、酸化する成分の減少、血液凝固の抑制を挙げることができ、これらを摂取することで結果として動脈硬化や脳梗塞のような血管の病気を予防することにつながります。

 

血液がドロドロになる原因には食生活が関係していますが、ストレスや運動不足といった部分も大きく影響しているため、食生活だけでなくストレスを発散したり生活習慣にも気を付けることも大切です。

 

 

 

 

 

血液をサラサラにするためには普段の食事の見直しや運動することが挙げられます。それにプラスしてサプリメントの摂取がおすすめです。安全性や継続するための費用などを比較していますので、ご参考ください ⇒ 血液サラサラにするサプリ!おすすめランキングはこちら☆