MENU

血液がサラサラのメリットと体感できる効果について

いつまでも健康で痛いと考えた時に意識しておきたいのが、血液の状態です。血液サラサラの状態であれば、赤血球はくっつく事なく、1つずつが単独の状態で存在しています。それに対して、血液がドロドロと呼ばれる状態になっていると、赤血球同士が結合し、紐のような状態で存在しています。

 

それぞれが単独の状態で存在していれば、毛細血管の中等、細かい血管の中にも入り込んでいく事が出来る為、体の隅々まで酸素や栄養素を届けていく事が出来ます。ですが、赤血球同士が結合し、血管を通りにくい状態になってれば、毛細血管の奥まで酸素や栄養素を届けていく事が難しくなり、健康に影響が出て来る可能性があります。

毎日の食事を改善して血液サラサラに!

さらに、赤血球同士が結合していると、血栓の原因となリ、動脈硬化等、様々な病気を引き起こしてしまう事があります。それだけに、健康でいたいと考えるのであれば、少しでも良い血液の状態を維持しておく事が重要になってきます。

 

その為には、納豆や玉ねぎを積極的に食べる等、血液の状態を改善する為に有効な食生活を心がける、日常生活に運動を取り入れる事等が有効です。そんな血液サラサラのメリットは、動脈硬化等の病気を未然に防ぐ事が出来る事です。

 

さらに、血液の状態が悪ければ、体が酸素不足や栄養不足の状態になりやすく、疲れやすくなってしまう、冷えやすくなってしまう、肩こり等が起きやすくなってしまう等の症状を体感する事になります。血液の状態が改善すれば、こうした体感から解放され、元気な毎日を送れるようになります。そんな血液の流れを改善する為に重要になってくるのが、続ける事です。

 

玉ねぎ等を食べる事で効果を期待できるとされますが、1日や2日程度積極的に食べただけで改善するというものではありません。継続して食べていく事で、徐々に効果が出て来る事になります。ですから、一気に血液サラサラにしようとするのではなく、時間をかけて改善していく事が大切です。

 

 

 

血液サラサラのための運動の種類とそのメカニズムについて

スポーツなどの運動には、血液をサラサラにする効果があると言われています。体を動かすことで、その分エネルギーが消費されるからです。そして、それに伴って血糖値も下がります。

 

それから、血管も広がるので毛細血管のような体の抹消部分にまで血液が流れやすくなります。

そして、血流が良くなることによって、血液中にある二酸化炭素や老廃物などの余分な物質も取り除くことができるようになります。各臓器の働きも活発になるため、血液をサラサラにしてくれる効果が高まります。これが、運動によって血液サラサラになるメカニズムです。

ウォーキングなどの運動をして血液サラサラに!

 

血液をサラサラにする運動の種類は、ウォーキングや簡単な体操、ストレッチ、サイクリング、スイミングといった有酸素運動が効果的と言われています。有酸素運動は、筋肉に比較的弱い力をかけ続けることによって脂肪を燃焼させてくれます。まず、初めてから20分程度は、血液中の脂肪を燃焼してエネルギーとして消費します。

 

そして、20分を過ぎた頃から、体内に蓄えられている脂肪をエネルギー源として燃焼させてくれるようになります。つまり、20分以上有酸素運動を行うことで、血液中の脂肪を燃焼させ、次に内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させることができます。

 

ですから、20分以上続けることが効果的に脂肪を燃焼させて、血液をサラサラにする方法です。また、有酸素運動をする前に、腕立て伏せやスクワット、腹筋といった筋力トレーニングを行うと、体はより脂肪が燃焼しやすい状態になると言われています。

 

いきなり急激な運動を始めると、汗をかいて体の水分が抜けてしまい、血液がドロドロになってしまうことがあります。始める前には水分を補給して、徐々に体を動かしていき無理をしすぎないことが大切です。

 

また、途中で止めてしまうと効果がありませんので、短い時間でも毎日続けることが重要です。そして、慣れてきたら徐々に時間を増やしていくのが良いとされています。

 

 

 

血液をサラサラにするためには普段の食事の見直しや運動することが挙げられます。それにプラスしてサプリメントの摂取がおすすめです。安全性や継続するための費用などを比較していますので、ご参考ください ⇒ 血液サラサラにするDHA・EPAサプリのおすすめランキング