MENU

血液サラサラになる即効性のある方法

で動脈硬化症の疑いが出たら?
健康診断は、年に1度や2度しか行われません。そこで動脈硬化症の疑いがある、という診断が出たらどうしますか?
「何かの間違いでは?」
「精密検査や人間ドックに行く必要は?」
「もう死ぬんだろうか?」
などといった不安が生じます。しかし、血管や血液が悪くなっても、自分では今すぐに何かできるわけではありません。動脈硬化症は、食生活を含めた生活習慣の乱れから生じます。即効性を求めるなら、普段の生活から見直し、血液がサラサラになるようなことだけを実践し、生活習慣の乱れを改善することから始めましょう。

 

 

血液サラサラになる即効性のある方法とは?

医療機関で行われる血液サラサラ法といえば、血液クレンジング法です。大量自家血オゾン療法とも呼ばれています。一度体内から抜いた血液にイオンを混ぜて再び体内に戻す施術です。即効性は抜群です。血液がサラサラになり、冷え性の改善や疲労回復にも有効です。
英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回、血液クレンジング療法を受け、大病を患うことなく長生きできたことが公表されています。
こうした治療法以外には、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を行い、血液をサラサラにしてくれる食べ物を食べることが一番いいでしょう。
例えば、お茶、魚、海藻類、納豆、お酢、緑黄色野菜、キノコ類などです。緑黄色野菜には、血栓を防ぐ成分や抗酸化成分が豊富ですし、ビタミンEやCが抗酸化作用に有効です。
さらにお風呂に入ることで、その温熱作用により血管が広がり、血流がよくなり、血栓もなくなります。血液サラサラには、39度〜41度の熱すぎない温度のお湯が最適です。シャワーばかり浴びている人は、体全体を温めるということをよく考え、一日の終わりに、冷えないようにゆったりと入浴することで、体を十分に休ませ、リラックス効果で動脈硬化の敵ストレスも解消するようにしましょう。

 

 

血液をサラサラにするための方法の一つ、サプリメント! ⇒ 血液サラサラにするDHA・EPAサプリ